イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
散歩する侵略者
『散歩する侵略者』
語る室
『語る室』
片鱗
『片鱗』
聖地X
『聖地X』
DVD 地下室の手記
『地下室の手記』

お問合せ
カタルシツ 地下室の手記 前川知大

私が「地下室の手記」を初めて手に取ったのは大学に入ったばかりの頃で、それは江川卓さんの訳によるものでした。

私も相当に自意識過剰なので、自分のことを書かれているようで恐ろしくなりました。冷や汗をかきながら読んだ覚えがあります。あまりの恐怖で「この本は世に出してはいけない」とすら思ったほどです。

同時に、考え過ぎてしまうのは自分だけではないのだと、ほっとしたことも覚えています。それから10年ほど経ち、安岡治子さんの訳による「地下室」に出会いました。

その頃の私は、考え過ぎる癖を活かし、なんとか劇作家としてかけ出していました。ようやく自分を客観視するようになってから読む「地下室」は抱腹絶倒で、新しい訳の柔らかさも更に共感を呼ぶものでした。

その後も何度か読み返し、いつしかこれを舞台作品にしてみたいと、思うようになったのです。

自意識や自尊心というのは、若者に限らず、今も大きな問題です。演劇では観客が空間を共にします。二十歳の私が悶絶したように、三十路の私が爆笑したように、それぞれ反応は違うと思います。その反応の仕方にも、自意識が大いに反映されるでしょう。

自分の人生をどう受け入れるのか、他者をどう受け入れるのか、そのようなことを、現在の日本の物語として構成した、ユーモアあふれる舞台になっています。

どうぞご期待ください。

カタルシツ 地下室の手記 前川知大
Performing Arts Network Japan
劇団・作品紹介
        


@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


リヴィングストン
『リヴィングストン』


NEW!

小説『小説『太陽』
DVD『太陽』