イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
散歩する侵略者
『散歩する侵略者』
語る室
『語る室』
片鱗
『片鱗』
聖地X
『聖地X』
DVD 地下室の手記
『地下室の手記』

お問合せ

これまで TOPに戻る
太陽
東京公演 2011年11月10日~27日 青山円形劇場
大阪公演 2011年12月2日~4日 ABCホール

太陽

作・演出
前川知大

キャスト
生田結(草一の娘)…加茂杏子
生田草一(結の父)…有川マコト
奥寺純子(克哉の姉)…岩本幸子
奥寺克哉(純子の弟。事件を起こして失踪)…森下 創
奥寺鉄彦(純子の息子)…大窪人衛
曽我征治(ノクス、玲子の夫、区役所職員)…盛 隆二
曽我玲子(ノクス、結の母親)…伊勢佳世
金田洋次(ノクス、医師。草一と同郷で玲子の友人)…安井順平
森繁富士太(ノクス、見張り番)…浜田信也

■昼と夜に、別れてしまった未来。 (前川知大)

太陽舞台写真

四十年程前、
世界的なバイオテロにより拡散したウイルスで人口は激減し、政治経済は混乱、
社会基盤が破壊された。

数年後、感染者の中で奇跡的に回復した人々が注目される。
彼らは人間をはるかに上回る身体に変異していた。
頭脳明晰で、若く健康な肉体を長く維持できる反面、紫外線に弱く太陽光の下では
活動できない欠点があったが、変異は進化の過渡期であると主張し自らを
「ノクス」(ホモ・ノクセンシス = 夜に生きる人)と名乗るようになる。

ノクスになる方法も解明され、徐々に数を増やす彼らは弾圧されるが、変異の適性は
三十歳前後で失われる為、若者の夜への移行は歯止めが効かなくなった。
次第に政治経済の中心はノクスに移り、遂には人口も逆転してしまう。
ノクスの登場から四十年、
普通の人間は三割程になり、ノクス社会に依存しながら共存している。
かつて日本と呼ばれた列島には、ノクス自治区が点在し、緩やかな連合体を築いていた。
都市に住むノクスに対し、人間は四国を割り当てられ多くが移住していたが、
未だ故郷を離れず小さな集落で生活するものもいた。

太陽舞台写真

舞台監督:谷澤拓巳/美術:土岐研一/照明:松本大介/音楽:かみむら周平/音響:青木タクヘイ/
衣装:今村あずさ/ヘアメイク:西川直子/演出助手:大堀光威 福本朝子/演出部:棚瀬 巧 渡邊亜沙子
制作:中島隆裕 吉田直美/宣伝美術:末吉 亮/宣伝イラストレーション:吉實 恵/舞台写真:田中亜紀

(東京公演)提携:こどもの城 青山円形劇場 運営協力:サンライズプロモーション東京
(大阪公演)運営協力:サンライズプロモーション大阪
助成:文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
主催:イキウメ/ エッチビイ


PAGETOP
Performing Arts Network Japan
劇団・作品紹介
        


@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


リヴィングストン
『リヴィングストン』


小説『小説『太陽』
『太陽』