イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
金輪町コレクション
『金輪町コレクション』 獣の柱
『獣の柱』 図書館的人生Vol.4襲ってくるもの
『図書館的人生Vol.4』 散歩する侵略者
『散歩する侵略者』 天の敵
『天の敵』 語る室
『語る室』

お問合せ
外の道・パリ公演
初演、2021年5月。
分からないものと、分からないまま、どうやって付き合っていくのか。
結論を出さず、耐えていく力について考える。
ユーモアを忘れずに。
人間の作ったしくみの綻びについて問いかけていく、不条理劇を目指しました。
2022年11月、フェスティバル・ドートンヌ・ア・パリの正式プログラムとして、パリ日本文化会館 大ホールにて公演いたします。
外の道・パリ公演

「À la marge(外の道)」は、パリのみで再演。日本語での上演、フランス語字幕。
山鳥三太役は、11月二兎社客演中の大窪人衛に代わり、牧凌平さんが務めます。

@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


聖地X
『聖地X』


外の道ワークインプログレス公開中
『外の道ワーク・インプログレス』